英国SHAW露点計

SHAW社について

1960年に創業者Leonard Shawが英国ブラッドフォードにSHAW社(Shaw Moisture Meters)を設立し、1963年に初めて静電容量式露点計を販売しました。

この時代の水分測定は、乾湿球湿度計(通風乾湿計)等が主流でしたが、
販売以来、SHAW露点計は露点湿度計の設計と製造の最前線に立っており、
現在でも微量水分測定のリーダーの1社として世界に認められ、(株)テクネ計測は、SHAW社の日本向け販売正規代理店(NS:Non-sole basis)となっています。

現在では、さまざまな業界に高品質な湿度測定機器を提供しており、
その主な用途は化学、ガス、鉄鋼、冶金のような工業の分野など、多岐にわたり使用されております。

SHAW露点計の特徴

SHAWポータブル露点計の自動校正

SHAW露点計は、安定性、信頼性が高く、ドリフトのない水分センサーを保証するために、非常に高い精度でセンサーを製造しています。SHAW露点センサーには他のセンサーに比べて、特異性・安定性、AutoCal (自動校正) という3つの大きな利点があり、これら3つはすべて、センサーの構築に使用された独自の製造技術によるものです。

SHAW社では、設計上の最大値で水蒸気が飽和するように各露点センサーを正確に製造しています。したがって、最大動作範囲を超えてセンサーを湿気にさらすと、センサーは急速に平衡状態になります。その後、水分がさらに増加しても反応しなくなり、これがAutoCal (自動校正)の基礎となります。

SHAW露点計に標準装備されたAutoCalは大きな利点であり、SHAWシステムの最も重要かつユニークな機能の1つで、多くのメリットをもたらす使いやすい機能を提供します。この機能は、SHAW社が製造するポータブル露点計、SDHmini、SADP、SADPμに標準採用されています。

AutoCalには、センサーの定期的なチェックが含まれます。AutoCalを実行するには、センサーを動作範囲よりも湿った雰囲気にさらすだけです (通常は室内空気で十分です)。次に、乾燥剤ヘッドを上げ、プロセスに従って機器のAutoCal を完了します。これにより、露点センサーと基板内の露点演算回路が同期され、使用の準備が整います。SHAW露点計の自動校正により、ユーザーは露点湿度計のスパンをチェックし偏差を補正することで、現場で手軽に値の補正が行えます。

特別な機器や熟練した人材を必要とせずに、その場でAutoCalを完了できます。最終的な結果には、ダウンタイムの削減・校正コストの最小化・露点システムの即時検証が含まれ、AutoCalを定期的に実行できます。定期的なメンテナンスの一環として、また機器の性能や試験結果を検証する必要がある場合にAutocalを取り入れることができます。
ただし、Autocalはトレーサビリティが確保された真の校正に代わるものではありません。

露点センサー

60年を超えるSHAW露点センサーの技術の実績があります。
酸化アルミニウムのセンシング技術は、乾燥した圧縮空気やプロセスガス中の微量水分の測定に使用されており、SHAW水分計が常に信頼できる理由の証明です。

酸化アルミニウムセンサーは非常に繊細な構造をしており高度な技術を組み合わせることで、センサーの速度や感度、正確性を調整しています。

SHAW水分計は、センサーのベースとなる水分吸着構造を高レベルの精度で製造しています。この高レベルの技術により、安定した信頼性の高いドリフトのない微量水分センサーが実現されます。SHAW社の継続的な研究開発により、均一で水蒸気に特化した細孔の製造が可能になり、迅速かつ予測可能な応答が保証されます。

露点センサーがカバーする全体の測定範囲は –100 °C ~ +20 °C (-148 °F ~ +68 °F) の露点で、これはこれは0.001 ppm 〜 0.2 %に相当します。すべての範囲は簡単に参照できるように色分けされています。

● P (紫): -100 °C ~ 0 °C (-148 °F ~ +32 °F) DP、0 ~ 6,000 ppm
● S (シルバー): -100 °C ~ -20 °C (-148 °F ~ -4 °F) DP、0 ~ 1,000 ppm
● G (グレー): -80 °C ~ 0 °C (-112 °F ~ +32 °F) DP、0 ~ 6,000 ppm
● R (赤): -80 °C ~ -20 °C (-112 °F ~ -4 °F) DP、0 ~ 1,000 ppm
● B (青): -80 °C ~ +20 °C (-112 °F ~ +68 °F) DP、0 ~ 23,000 ppm

ドライチャンバー技術

SHAW社開発の独自構造のチャンバーにより、測定していない時でも乾燥した状態に保つことができ、同社ポータブル露点計に標準採用されています。これにより、湿度計は常に迅速なスポットチェックを実行できる状態になります。これを実現するには、サンプリングのためにヘッドを持ち上げる前に、露点センサーを乾燥剤で囲みます。

チャンバーは、乾燥剤と露点センサーを大気から隔離します。センサーが周囲の空気と接触することはありません。露点センサーを露出させる前に、チャンバーアセンブリの空隙スペースとチャンバーの壁面をサンプルガスでパージするように設計されています。すべての表面と空隙を平衡状態にします。これにより、オペレータは 10分以内に有意義な読み取りを行うことができ、より速く、より正確で信頼性の高い結果を得ることができます。

汚染によりチャンバー内に湿気が侵入した疑いがある場合は、チャンバーのシールを交換する必要があるので当社に送付ください。
乾燥剤 (およびゴム製グロメット) を交換してシールを復元すると、センサーが乾燥した状態に保たれ、乾燥状態から湿潤状態までの動作が確保され、応答速度が向上します。