電力

露点計によるエアー除湿管理、水分・SF6純度計、オイル中水分計による絶縁管理

発電において、エアー中の水分量の管理は重要です。乾燥空気を測定する場合、TK-100露点計によりドライな状態を管理します。また、水分量をコントロールしたのち、高温・高湿下における結露防止環境下での測定が可能なEE-33温湿度露点計が活躍しています。水素(H2)によるリーク管理のためには、TK-100露点計に加え、鏡面冷却式(ミラー式)露点計MBW-473を推奨いたします。
送変電において、京都議定書(COP3)以降、SF6ガス(六フッ化硫黄ガス)を大気に放出しないことが重要となっており、大気解放せず且つ鏡面冷却式(ミラー式)原理により高精度に水分・純度測定が可能なMBW973-SF6が世界中で使用されており、日本でもほとんどの電力会社様、遮断機メーカー様にご採用頂いております。ユーザー様によっては簡易に水分量を測定可能なTE-660NEポータブル露点計をご採用頂く場合もございます。また、絶縁オイルの劣化診断にハンディ型オイル中水分計TEKHNEPort-Oilをご採用頂いております。

主な製品