鉄鋼

炉内雰囲気管理のための露点計(水分計)、酸素濃度計等による測定

炉内の水分量・酸素濃度を管理すことは鉄鋼製品の品質に影響を及ぼします。水分測定のために酸化アルミニウムによる静電容量式TK-100露点計が主流ですが、高分子による静電容量式TE-660露点計や高温高湿下での測定が可能なEE-33温湿度露点計も一部で採用されています。また、応答速および精度を要する場合、鏡面冷却式(ミラー式)露点計MBW-973/MBW573が使用されております。酸素濃度測定のためには、PPMまで応答速良く測定可能な2001LCガルバニ電池式酸素濃度計、1000-RSポータブル酸素濃度計が使用されています。
また、リサイクルガスの純度や精製水素の純度をTK-100露点計、腐食性ガス中水分計TMAシリーズで測定します。

主な製品