化学
プラント

燃防爆酸素濃度計、防爆露点計、腐食性ガス中水分計による、ガス純度管理、爆発限界管理

化学プラントで製造される製品は多種多様です。製造する製品によって製造条件が異なっており、温度・圧力・水分量・酸素濃度など、管理項目が異なります。一般的には、燃焼3要素の管理による爆発限界管理のための酸素濃度計が使用されたり、ガス純度を管理するために不純物として酸素濃度、露点(PPM水分濃度)を測定することが多いです。前者では制御用途としてOxytron 2000、濃度管理用途としてMini-ICS、これらとサンプリングシステムを組み合わせイナートガスコントロールシステム(Inert Gas Control System / ICS)として使用されることが多いです。後者では、酸素濃度分析ではPPMを高応答速で計測可能な2010BR、%レベルでは210BRが使用され、露点測定ではTK-100-Ex露点計が使用されます。水素や溶剤や他可燃性ガスが含まれることが多く、防爆認定が必須となる場合が多く、酸素濃度計ではガルバニ電池式酸素濃度計が使用されることが多いです。
コンプレッサーエアーや窒素の露点測定の場合、非防爆のTK-100露点計が使用され、腐食性ガス中の水分測定にはTMA腐食性ガス中水分計も使用されます。

主な製品