オイル中水分計測ユニット
TKZH002

オイル中水分計測ユニット

オイル中水分計測ユニット TKZH002
特徴
  • オイル中水分測定を完結するオールインワンユニット
  • 現場にそのまま設置して、すぐに使用可能
  • パトライト、ブザーで異常をお知らせ(オプション)
  • 筐体の素材が選択可能で、設置環境やコストに柔軟に対応
  • 高分子式オイル中水分計内蔵
  • 水分活性値測定範囲0〜1aw、ppm での測定が可能
  • TFT ディスプレイの有無選択可(有の場合、ロギング機能/グラフ表示付)
主な用途
  • 潤滑油、作動油の水分管理
  • ディーゼル油の水分管理
  • 絶縁油の水分管理
  • 防錆油の水分管理
  • 焼入油の水分管理
  • 船舶のエンジンオイルの水分管理

POINT

経年劣化が少ないセンサー

TKZH002 に搭載されているEE360 オイル中水分計の核となる水分検知部には、薄膜技術を駆使したモノリシックセル型高分子センサーが採用されています。経年変化が少なく高性能、高応答速の水分計です。連続したオンライン測定ですので、オイル中に水分が混入し機器の劣化、絶縁性の低下EE33などの影響が及ぶ前に、アラームにて油の交換時期をお知らせいたします。