特徴
  • 測定範囲:0 ~ 1000 ppm
  • コンパクト・モジュラータイプ分析計
  • 小型で機器組込容易
  • 大きく明るいLED画面、操作も簡単
  • 充実したインターフェイス(電流出力、電圧出力、レンジ電圧出力、RS232C出力)
  • リモートセンサモデル
  • 長寿命のジルコニアオキサイドセンサ
  • 機器トラブル時の原因判別機能(FAULT機能)を搭載
主な用途
  • グローブボックス
  • ドライヤー
  • 半導体製造

POINT

ジルコニア式センサZR-400

Model 7100は、ppmレンジの酸素濃度測定用の低コストで様々な応用が可能なZR-400ミニジルコニアセンサーが搭載されております。低電力で基盤上のヒーターと二つの電極を持ったジルコニア固体電解センサーを基本とした固体デバイスです。多くの固体酸素濃度センサーと違いZR-400は通常運転にリファレンスガスを必要としません。

 

 ジルコニア式センサ ZR-400  

アラーム出力

アラーム出力は、制御で使用する為の調節可能な2つの出力です。設定された接点に基づいて作動し、LEDライトにて警告します。測定中の酸素濃度が設定したしきい値内になると、アラーム状態が自動的に解除されます。

 

アラーム出力

2種の設置タイプのセンサ

Model 7100では、センサを筐体内部に取り付けるセンサ内蔵タイプ(7100B)と、センサを外部に取り付けてインターフェイスケーブルで接続する、外付けリモートタイプ(7100BE)があります。測定するガスの配管やタンクへ取付用途に応じて選択頂けます。

出力オプション

Model7100と制御間の通信の種類を選択できます。アナログ出力は、4-20 mAまたは0-1 / 0-5 / 0-10 VDCより選択できます。また、RS-232デジタルインターフェイスを使用することによって機器の初期化を含むすべての設定にアクセスできます。

オートレンジ設定

測定中の酸素濃度によって自動的に測定範囲を変更するように設定することができます。正確な測定の為、選択された測定範囲は表示先に継続的に認識させる必要があります。Model7100は、0〜10 VDCオートレンジ識別出力を備えております。オートレンジが選択されている場合、アナログ電圧出力とアナログ電流出力が組み合われて使用され、オートレンジIDは選択されたアナログ出力のフルスケールを示します。